atsusta 趣味ブログ

好きな趣味を気ままに綴ってます

将棋 名人戦 順位戦大詰め

順位戦が大詰めをむかえています。

A級では、挑戦者が2名に絞られました。全勝の斎藤八段と2敗の糸谷八段。残り2局あり、次局で斎藤八段が決めるか、最終局の直接対局までもつれるか楽しみです。残留争いは、山崎八段が降級が決まり、残り1枠です。レジェンドの羽生九段は残留が危ない状況です。羽生九段が5敗で、4敗が4人です。羽生九段が次局で敗れると順位が低いことから降級が決まります。残り2局を連勝すると残留です。どうなるか注目です。

B級1組は、直近の戦いで藤井竜王が敗れ混戦模様となっています。2敗の藤井竜王に3敗で3人が並んでいます。最年少名人に向けてA級に藤井竜王が上がれるか注目の対局が続きます。

B級2組は、中村(太)七段がここまで全勝で残り2局を残し昇級を決めました。昇級は残り2枠の戦いです。現在トップは1敗の澤田七段。いつも惜しいところで昇級できていないため、今回は上がってもらいたいところです。

C級1組は、昇級3枠をかけての戦いです。1敗が2名、2敗が6名で残り2局です。1敗には、藤井竜王と同じ時期に四段となったカラフルなスーツを身にまとう大橋六段がいます。

C級2組は、昇級3枠をかけての戦いです。全勝が1名、1敗が4名で残り2局です。1敗には、若手有望の服部四段、本田五段そして、藤井竜王と同年代の伊藤(匠)四段がいます。順位戦1期目で伊藤四段が昇級するか注目です。

2月、3月の対局で結果が決まります。

 

広告