atsusta 趣味ブログ

好きな趣味を気ままに綴ってます

将棋 名人戦 第2局はとってもスリリング!

豊島名人 VS 渡辺三冠の将棋名人戦 第2局をAbema TVで昨日観戦。

豊島名人が優勢と言われており、AIの評価値も大きく傾いていたのでこのまま勝ちかなとみていたところ、評価値が渡辺三冠の方に急に傾く場面が。

その後、お互い1分将棋になり1手指すごとに評価値がいったりきたりする。

局面は自分には難解すぎて分からないが、評価値があるおかげでどちらが優勢かがわかる。すごくはらはらする局面が続いて興奮した。そんな中で渡辺三冠の指し手が乱れたのは印象的だった。その時指した手があまり良くないようで、最後は渡辺三冠の玉に詰みが生じて豊島名人の勝ちとなった。

豊島名人の角がぐるっと回ったり、4筋に回った飛車が最後に効いてきたりとダイナミックな大駒の動きに感心させられました。

これで、1勝1敗。いずれも後手番が勝利。第3局は、豊島名人の先手番で1週間後の6月25日。 

豊島名人は永瀬叡王との叡王戦、渡辺棋聖は藤井七段との棋聖戦が並行で進む。永瀬二冠は藤井七段と王位戦の挑戦者決定戦で対局する。今後、この4人の対局に目が離せない。 

広告