本と節約とわたし

本と節約の情報を綴ってます

コンビニで得するポイントの貯め方は? くらべてみました!!

コンビニ、何かと便利なので利用することが多いですね。そんなコンビニだからこそ、ポイントを計画的に貯めると地味に効いてきます。

ポイントの貯まり方を比べてみました。

ローソンの場合 

ポイントカード提示 + カード支払いの組み合わせで、3~5%お得になります。

それでは、その組み合わせを見ていきましょう。

Pontaカード提示+LINE Pay カード支払い:3%
(内訳)1%(Pontaポイント)2%(LINEポイント)

dポイントカード提示+LINE Pay カード支払い:3%
(内訳)1%(dポイント)2%(LINEポイント)

dポイントカード提示+dカード支払い:5%
(内訳)1%(dポイント)1%(dポイント)& 3%OFF

dポイント提示&dカード支払いが最も得ですね。

マクドナルドも同じ支払い方をすると同じく5%お得になります。

ローソン、マクドナルドをよく使う方は、dカードは持っておきたいクレジットカードです。ドコモユーザでなくとも取得可能になっています。

 

FamilyMartの場合

ポイントカード提示 + カード支払いの組み合わせで、1.5~3.5%お得になります。

それでは、その組み合わせを見ていきましょう。

Tポイントカード提示+LINE Pay カード支払い:2.5~3.5%
(内訳)0.5~1.5%(*1)(Tポイント)2%(LINEポイント)

・ファミマTカードでTポイント提示 & 支払い:1.5~3.5%
(内訳)0.5~1.5%(*1)+ 0~1%(*2)(Tポイント)1%(Tポイント(クレジットカードのポイント))

(*1)ファミランク(ファミマの購入金額に応じて決まる)で変わります
(*2)カードの日(火、土曜日)は1%、それ以外は0%

少々複雑ですね。

曜日を選ばず買い物するのであれば、Tポイントカード提示&高還元率のカード支払いが良いですね。LINE Pay カードは、2%と高還元率のプリペイド式カードです。

 

セブンイレブンの場合

カード支払いで2%お得になります。

それでは、その内訳を見ていきましょう。

・LINE Pay カード支払い:2%
(内訳)2%(LINEポイント)

・Yahoo! JAPANカード(ブランド:JCB)でチャージしたnanacoカード支払い:2%
(内訳)1%(Tポイント)(チャージで付与)+1%(nanacoポイント)

・オリコカード(ブランド:MasterCard)でチャージしたau wallet プリペイドカード(*3)支払い:2%
(内訳)1%(オリコポイント)(チャージで付与)+1%(au walletポイント)
(*3)au wallet プリペイドカードは、au ユーザのみ取得可能です。

通常の支払いはどれも同じですね。

ただ、自動車税などのコンビニ支払いの場合は、現金以外ではnanacoカード支払いしかできません。nanacoポイントは付与されませんが、クレジットカードでチャージした分(1%)のポイントが付きお得になります。

 

まとめ

ローソンがシンプルで還元率が大きいですね。

よく行くコンビニに合わせて、支払い方を選択してみてはいかがでしょうか。1%以上のポイント付与は魅力的です。

私は、それぞれで使い分けています。高還元率のLINE Pay カードは他の支払い場面でも重宝するので持っておきたい1枚です。