本と節約とわたし

本と節約の情報を綴ってます

「手のひらの京」綿矢りさ 感想/ほっこりするお話です

「蹴りたい背中」で芥川賞を受賞した綿矢りささん。

受賞後、しばらく作品が出ていませんでしたが、最近はコンスタンスに出版されてますね。

手のひらの京は、題名と表紙に魅かれて手に取りました。あたりでしたね。

個性的な三姉妹

主人公の三姉妹。それぞれが個性的です。おっとりとしておしとやかな長女。ズバズバ物を言い、行動力のある次女。マイペースで芯が強い三女。3人の視点で、それぞれの思いが語られていきます。

恋愛も性格と良く合ってます。そこが、もどかしくもあり、楽しく読めます。

そして舞台は、

閉鎖的な都

京都です。

土地の呪縛から離れられないのか、それともそれが心地よいのか。そうした心情が読み取れます。

そんな呪縛が嫌で、京都から離れようとする三女。当然周りからの反発もあり、どう立ち向かっていくのか。葛藤が描かれます。

離れたいと思う気持ちは自身に置き換えて考えてしまいましたね。現状から離れたいけど、ずっと続けているうちに慣れてきて、離れるのが、考えるのが、面倒になってきている。強い気持ちは大切ですね。

特徴的な土地柄で、それぞれ揺れ動く三姉妹。そんな心情に共感しながら、一気に読み終えました。

ページを閉じると、心が、なんだかあったかくなりました。そんな余韻に浸りながら、

表紙を見返すと

作品の雰囲気とすごくマッチしているのが分かります。

なんか、ほんわかしている表紙に魅かれて手に取ったのは正解でした。

京の都で三姉妹と出会ってみませんか?