atsusta 趣味ブログ

好きな趣味を気ままに綴ってます

私とは?「ψの悲劇」

Gシリーズ 11作目です。

シリーズは残すところ本作と次作の2冊となりました。どこまで進むか楽しみにして読み始めました。

淡々と

物語が進んでいきます。

途中、追いつ追われつといった盛り上がるところは少しありますが、基本はまったりとしています。

私とは?

意識とは何か? 自分とは何か? を考えさせられます。自分が自分たらしめているものはいったいどういったものか。そんなことを考えながら読みました。脳科学の進化が、ある程度解明してくれそうな気はしますが。

全体は 

Wシリーズの世界が見え始めるそんな時代の話。

あの人がどう関わっているのかも気にしながら読みました。

ラストでは、忘れかけてた名前が出てきます。次作への伏線なのかなと思いつつ読み終えました。

いよいよ次作でラスト。Gシリーズ初期メンバや他シリーズのメンバが見られることを期待。

 

広告