本と節約とわたし

本と節約の情報を綴ってます

聴いて楽しむ「サピエンス全史」/虚構とは?

どうしてサピエンスがここまで繁栄できたのか。どこに向かっていくのか。「サピエンス全史」を読むと理解できます。「虚構」という説明に、はっとさせられます。

オーディオブック

物語としても楽しく読める「サピエンス全史」が、12月22日からオーディオブックのラインナップに入りました。

読むのが苦手な方も楽しく聴けて、知的好奇心を満たしてくれます。

上巻

上巻は、サピエンスが、力が強いネアンデルタール人や他の生物よりも、どのようにして優位になったかが語られています。物語として魅力的に書かれていますし、論理的な考察で組み立てられているので説得力があります。

その中のキーワードが「虚構」。共同主観的といった言葉でも表してました。お金といったものに、なぜ人は価値を見出せているのか。それは、人がみんな同じ考えを共通して持っているからです。同じ想像を多くの人ができることが、他の生物との大きな違いになって、優位性を保ってきました。

この辺りは、価値について自分自身で考えていたことと近いものがあり、非常に納得できました。世の中のほとんどのものは、価値がない。でも、そんなものに価値を見出せる人間は素晴らしい。そんなふうに結論付けていました。虚構という説明を聞いて、しっくりきました。

人権も虚構として説明があります。言われてみれば、そうですが、なかなか理解するのは難しいです。その中に、アメリカ独立宣言を生物学的に言い直すものがありましたが、なかなか衝撃的です。

下巻

下巻は、1月下旬にオーディオブックになる予定とのことです。