本と節約とわたし

本と節約の情報を綴ってます

物語に没頭したい!! そんなあなたにおススメする恩田陸作品

f:id:atsusta:20171018084012j:plain

小説には2つの読み方があると思います。

1つは、1歩引いた状態で俯瞰して作品を読み進めていく場合。ミステリーで、続きが気になりながら読むときはそんな状態です。

もう1つは、作品の中に入り込んで同じ世界観にどっぷりはまる場合。感情移入して、仮想現実を体験している状態です。

仮想現実を楽しみたいときにおススメなのが恩田陸作品!

恩田陸さんの素敵な小説を見ていきましょう。

チョコレートコスモス 

演劇の物語です。

2人の若き天才女優が交わりながら話が進んでいきます。2人の演技に引き込まれ、観客として天才のすごさに感嘆しながら、どっぷりつかれる作品です。

天才の一方が、人を模倣する場面なんかは、もう実際に食い入るように見ている感覚でした。

目の前で繰り広げられる演劇に夢中になってみませんか?

 

蜜蜂と遠雷

直木賞受賞作品です。

ピアノコンクールをめぐる4人のピアニストの物語です。4人のピアニストだけでなく、周りで関わっている人たちも描かれています。その為、ピアニストになったり、審査員になったり、観客になったりと、もういろんな視点で見られて楽しいです。一緒にコンクールに参加している臨場感が味わえます。

演奏の場面では音楽が実際に聴こえてくるようであり、順位の発表では一緒になってドキドキして、そして結果が分かってほっとしたりと、どっぷりつかれる作品です。3人の天才ピアニストの演奏の場面では、自分もあたかも天才になった気分になれて気持ち良いです。

美しい音楽に触れたい方、先に紹介したチョコレートコスモスが気に入った方は、ハマる作品です。

 

夜のピクニック

高校の学校行事で、一晩中、ひたすら歩くだけの物語です。が、色々なドラマが見応えありです。

行事に参加する高校生の人間模様や、若い感情が懐かしく、その世界にすっと入れます。舞台は、夜、それに、学年最後の行事でもある為、何とも言えない高揚感が感じ取れます。今まで忘れていた大事なものを思い出した気分です。

読み終えた後に、あったかい気分になれます。

 

ネバーランド

男子校で寮生活をおくる4人の少年の物語です。

誰もいなくなった冬休みの寮。4人が濃厚な1週間を過ごします。それぞれが抱えている事情を語り合ったり、ふざけあったりしながら何とも言えない繋がりが生まれてきます。青春時代を味わいながら読み進められるのが何とも心地よいです。

過ぎ去りし思い出を懐かしんで、忘れていた感情や、その当時好きだったことを思い出すことができます。その感情は必ずや未来に役立つことでしょう。

 

まとめ 

小説の世界に入り込んで楽しい時間を過ごすとスッキリします。いい作品にふれて、明日への活力に生かせるといいですね。