本と節約とわたし

本と節約の情報を綴ってます

読書の初心者!活字が苦手なあなたもハマる本

今まで本を読んでこなかったけど、いい大人なんだから本くらい読んでおきたい。でも、漫画はいいけど、活字はちょっと、、、それに、本なんて見向きもしなかったので、いったい何から読んだら良いのか分からない。そんな状態で、迷っていませんか?

本は、最初のハードルは高いですが、いったん乗り越えてしまえば指数関数的にどんどん面白くなります。これは、私が実際に体験したことです。

本なんて字ばっかりで何が面白いのと、私も読み始める前までは思っていました。しかし、友人の勧めで試しに読んでみると意外と面白い。2冊、3冊と読んでいくと活字にも慣れてくるし、次はこれを読んでみようと本と本がリンクしていきます。

もっと早くから本を読んでおくべきだったと後悔したくらいです。

読みやすくて簡単な本から読み始めたおかげで、読書の面白さに気付くことができました。最初のハードルはなるべく下げた方が良いですね。

次に、私がお勧めする読みやすくて面白い小説を紹介します。

火車 宮部みゆき

ミステリーと呼ばれるジャンルの小説です。最初に謎が提示されて、それを解き明かしていきます。

パズルやクイズが好きな人には向いていますね。いったいどういうことなの?と、続きが気になって一気に読める感じです。

文章も非常に読みやすくて、すんなり入れます。

内容は、ある失踪した女性の行方を捜すお話です。その中で、だんだんと謎が解決していき、真相に近づいていきます。そして、最後は、、、ラストは賛否が分かれるところですが、私は好きです。

私が本を読むきっかけになったのは、宮部みゆきさんの小説からでした。

 

ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎

ただただ面白い娯楽小説です。

設定もよく分からないけど、とにかく逃げないといけない。逃げて、逃げて、最後まで逃げ切れるか。果たしてどうなるのか。

色々な障害が待ち受けており、捕まるのか、逃げられるのか、はらはらドキドキする展開が気になって一気に読める感じです。

スリリングな感じが好きな人には合っていると思います。

伊坂幸太郎さんの作品は、何も考えずにとにかく楽しみたいときにはいいですね。

 

阪急電車 有川浩

いわゆる恋愛小説です。

胸がキュンキュンしたい人にはもってこいです。

短編がいくつか収められています。1話1話が短いので、ちょっとしか時間にサクッと読めます。忙しい人はこういった本から読むのが良いですね。

私は、短編の中でも、大学生と付き合っている女子高生の話が好きでした。映画化もされており、女子高生役は、有村架純さんが演じています。彼女の関西弁、良かったです。

有川浩さんの小説は、ときめきたいと思ったときに読むといいですね。

 

まとめ

まずは、自分に興味がある分野や、趣味趣向が合う本を1冊選んで読んでみるのが良いです。

私の場合は、最初はミステリー小説にはまり、その関連の本ばかり読んでました。それから恋愛小説、純文学、実用書と色々と広がっていきました。

秋の夜長に1冊、読み始めてみませんか。