atsusta 趣味ブログ

好きな趣味を気ままに綴ってます

生きる目的は力を抜いて考えるくらいが丁度良い/「死にがいを求めて生きているの」(朝井 リョウ)感想

朝井リョウの新作ということで思わず手に取ってしまいました。

パラパラとめくってみると、海族、山族、螺旋、、、 の文字が出てくる。

これは何?と思って調べてみると、どうも螺旋プロジェクトの企画で8作家が海族と山族の対立をテーマに色々な時代を描くということらしい。対立の発案者は伊坂幸太郎とある。伊坂と朝井、なんとも意外な組み合わせである。きっと面白いに違いない。そう思い読み始めた。 

平成

朝井リョウが選択した時代は、「平成」。これしかないという感じがする。

生きづらさを感じながら、どう折り合いをつけるのか、何を幸せと定義するのか、自分とも重ねながら読み進めました。

周囲から

主人公二人の周辺の視点で物語が進行していきます。会話からしか二人の考えが分からない。第三者として物語に参加して、あれこれ考える感じが心地よいようなもどかしいような。 

終盤

最初があって、途中がこうきて、最後にこうなるのか。絶品なサンドイッチです。

結構ボリュームがある本でしたが一気に読めました。

螺旋プロジェクト

本を読んでる最中に伊坂と朝井のインタビューをWebで読みました。二人の掛け合いが何とも面白い。意外と合うんですね。

他の8作も気になります。

隠れキャラクターがどういった形で登場するのか。

同じモチーフを書いた回がそれぞれどうなっているのか。

まずは、平成前後の時代を描いた 伊坂幸太郎 の シーソーモンスター から読んでみたいと思います。朝井リョウ作品とのつながりも期待しながら。

 

広告