atsusta 趣味ブログ

好きな趣味を気ままに綴ってます

眠れない。。。/「人間のように泣いたのか?」(森博嗣)感想

Wシリーズの最終話。

舞台はkyoto。学会で事件が起きます。

逃げる

今回は、ひたすら逃げる。「逃げる」は小説の王道テーマです。

そういえば、Gシリーズの最新作も逃げるシーンが多かった印象です。大詰めを迎えているからでしょうか。

逃げると言えば

話が少しそれますが、逃げることをテーマとして書かれた小説のお勧めは「ゴールデンスランバー」

理由はよく分からないが、ただただ逃げるだけの小説です。単純なんだがこれが面白い。読んだあと特に何も残らないが、ただただ楽しめます。すっきりしたいときにはお勧め。映画化もされており、こちらもお勧めです。

逃げるを解説

余談を続けます。ゴールデンスランバーの解説も書かれている小説の読み方が面白くなるた本が「本の読み方 スロー・リーディングの実践」

「ゴールデンスランバー」の解説を読んで妙に納得した記憶があります。

この本で気に入ったのは、森鴎外の足ることを知るという概念。高瀬舟の解説で書かれておりしっくりきました。そんな境地に憧れます。

終盤

話は戻って「人間のように泣いたのか?」の終盤。

なんとも言えないもどかしさ。そういうの嫌いじゃないです。

 

広告